調査済会社一覧
フッターメニューへスクロールするボタン

ファクタリングで資金ショート回避

資金繰りに行き詰まる経営者

ファクタリングを含め資金調達は経営者なら誰しもが直面する最もシビアな問題です。

売上が低迷した完全赤字運営ならいざ知らず、売掛金・新規受注が発生しているにも関わらず、入金サイクルや先出し準備費用等により資金繰りがショートするのは非常にもどかしい局面です。

元ファクタリング会社役員イメージ上半身

このサイトを見ている経営者の皆様もファクタリングを検討するということは健全化のための前向きな資金調達を考えている方も多いのではないでしょうか。

銀行は使い物にならない!

雨が触れば傘を取り上げる銀行

金回りが良いときは「社長、是非当行で!」と擦り寄ってくる銀行ですが、いざ本当に融資が必要な場面が訪れると顔色一つ変えずに門前払い。
非情という言葉は彼らのためにあるのではないかと思うくらいあっさりと態度を翻します。
しかし、これが銀行の本性でいくら頭を下げてもその方針が覆ることはありません。

投資による期待よりも回収リスクを優先

付き合いや感情は無関係、数字のみを見て判断

担当者のキャリアに傷がつく案件は関わりたくない

悲しいことに表向きには「地域に貢献」「二人三脚」と謳いながら、行員の頭の中では自行の保全しか考えていないのが現実です。

門前払いする銀行

「ファクタリング」は救世主?

売掛金を即日現金化

一言で説明すれば「売掛金の入金を前倒しできたらな…」を実現したのがファクタリングです。

売掛債権買取(譲渡)とも呼ばれ、入金予定の債権をファクタリング会社に引き渡すことで、素早く現金を手に入れることができるサービスです。

ファクタリングの仕組み図

融資による資金調達が審査・時間的問題で非現実的な場合には正に救世主的存在で、これにより破綻や黒字倒産を免れた事例をいくつも見てきています。
特に入金サイクルの長い建設業や運送業、為替影響を受けやすい貿易業界では広く利用されている手法の1つです。

建設業・運送業・貿易業のイメージ

契約上はファクタリング会社への債権売却や譲渡となり借り入れではないため、審査がスピーディー且つ借り入れ状況や税金・社会保険料の滞納などに左右され難い特徴があります。

さらに、ファクタリングサービスは貸金業に該当しないため民間会社も多数参入しており「より早く!より安く!」の市場競争原理が働くことで、我々ユーザー側の使い勝手が良くなっているのもポイントです。

元ファクタリング会社役員イメージ全身

中でも民間系の柔軟な会社は最短申込翌日の入金を実行するなど、融資審査や銀行系ファクタリングに比べて圧倒的なスピードを実現しています。

不渡りの心配がいらない

不渡りを嘆く男性

よく手形割引とは何が違うの?と聞かれますが、売掛金として確定している収入を与信にして資金を調達するという意味では同類です。
大きな違いは手形を担保に融資を受ける割引方法に対し、ファクタリングでは売掛金そのものを売却・譲渡してしまうため「不渡り」のリスクがありません。

未来日の支払いを確約した手形ですが、相手が不渡りを出したり最悪倒産した場合紙切れ同然。
中には不渡り回避を目的にファクタリング会社を利用するケースもあるのです。

お奨め優良会社

私が独自にリサーチした結果と利用者から寄せられた評判・口コミ情報から絶対的に
お奨めできる優良会社をピックアップしました。

初めてファクタリングを活用する方・複数回利用されたことがある方にも納得できる
信頼性の高いサービスです。

信頼と実績で選ぶなら「ビートレーディング」
ビートレーディングのスクリーンショット画像

ビートレーディングの特徴

ファクタリング業界を代表する1社で数百万円〜億を超える高額買取までスピーディーに受けています。

債務超過・税金滞納と悪条件でも可能な限り歩み寄る姿勢で、個人事業主・小規模事業者からも評価されています。
業界のスタンダード的存在で"ビートレを選んでおけば間違いない"と言えるでしょう。

少額・スピード取引に強い「資金調達レスキュー」
資金調達レスキューのスクリーンショット画像

資金調達レスキューの特徴

500万円以下の比較的少額買取に力を入れる会社です。

取引金額の範囲を絞ることで審査→契約→着金のスピードを最大化したのが特徴で、必要書類も他社に比べ最小限で済みます。
さらに300万円以下は「最短即日」「来社不要」でファクタリングを実行できる少額専門プランが用意されています。

入金までのSTEP

ファクタリングの仕組みやメリットは理解いただけたと思いますので、具体的な申し込み・契約・入金の流れを説明します。

STEP1問い合わせ・申し込み
ファクタリングのWeb申し込み

問い合わせ時点では特別な書類は必要ありません。
会社名や必要な金額など数項目を記載するだけの簡単な申し込みフォームです。

ネット受付は土日を含め24時間体制で運営している会社もあり、緊急な調達にも前向きな印象です。

矢印画像
STEP2仮審査
仮審査の電話対応をする女性

続いて仮審査です。

基本は申し込み内容に対して、電話による口頭対応となります。
概算でも構わないので、売上規模や売掛金額・入金サイクルを把握しておきましょう。

矢印画像
STEP3本審査
ファクタリング契約の本審査

ここが一番の山場!

決算書類や売掛金が存在することを証明する書類等を提出し、実行可否が決定されます。
ただ、銀行融資のような重箱の隅を突く落とすための審査では無くファクタリング会社も協力的な姿勢です。

ただし、二重譲渡や架空売掛金の提示は御法度。
万が一虚偽の内容で契約すると詐欺罪が適応される立派な犯罪になってしまいます。

審査の必要書類・ボタン 審査のポイント・ボタン
矢印画像
STEP4契約
契約を交わす2人のビジネスマン

無事に審査が完了すると契約に移ります。

1日のズレが命取りになる緊急事態には時間外・土日も対応してくれる会社もあります。

矢印画像
STEP5入金
送金が完了した通帳

ファクタリング契約が完了すると間もなく現金が送金されます。

申し込み〜入金は最短で翌日。
融資では考えられないスピード感で運転資金が調達できるのが最大のメリットなのです!

悪徳会社にご用心!

弱みに付け込む詐欺会社

悪徳ファクタリング会社

瞬間的な資金確保に最適なファクタリングですが、残念なことに詐欺に等しい悪徳会社も存在します。
彼らは苦しい資金繰りという弱みに付け込み、甘い蜜をぶら下げてきます。

相手も日々手を変え品を変え、巧みな話術で騙そうとしようとしてきますが代表的な手口は次の3つです。
少しでも「怪しいな」と思う部分があれば、一度頭を冷やして冷静に判断しましょう。

詐欺手口① 送金直前の条件変更
契約直前に変更される手数料

最初は他ファクタリング会社よりも割安な手数料を提示し、話を進めていきます。
しかし、契約段階に入ったところで「書類不備が見つかった」「印鑑証明の期日が切れていた」などそれっぽい言い訳を並べ時間稼ぎをしてきます。

その間も刻々とタイムリミットに近づいていき、ギリギリまで引っ張ったところで「審査に見落としがあった、手数料を積み増しすれば買取できる」と理不尽な要求が始まります。

怒りを覚えながらも既に他社と再契約する時間的猶予は残されておらず、泣く泣く法外な手数料を支払ってしまうパターンです。

他社で相見積すると持ちかけると「二重譲渡を企んでいるのか? そういったことをするなら話を白紙にする」と脅しにくる輩もいます。

契約書締結前の条件変更は違法性を指摘し難く、勢いで判を押してしまった故に送金後の契約解除や手数料交渉ができず経営に追い打ちを掛けてしまうのです。
悪質会社の代表手法なので契約を引き伸ばされたり、契約書未締結のまま話が進んでいる場合には要注意!

詐欺手口② 担保や保証人を要求
返済が追いつかずジャンプする男性

ファクタリングでは売掛金(債権)自体の買取や譲渡となるため、万が一支払元会社が未払いや倒産した場合も保証義務はありません。
そのため担保や保証人は存在しないはずですが、悪徳会社はこれらを要求してきます。

そして彼らが売掛金回収困難と判断すると、担保に取った不動産や資産を抑えに来ますし、あなたが支払いや担保差し出しを拒めば設定した保証人を追い込みに行くのです。
この手の輩は不良債権に対しても積極的なことが特徴で、担保や保証人というキーワードが出てきたら危ないと思ったほうが良いでしょう。

詐欺手口③ ジャンプを提案される
返済が追いつかずジャンプする男性

3つ目は借金で言う「利息一部払い」を要求されるパターンです。

支払い元の未払いが起きた際に全額回収を待つ変わりにその間の追加手数料を請求する手法で、闇金業界で言うところのジャンプと同じ仕組みです。
そもそもファクタリングには売掛金に対する保証義務は無いので、未払い補填を求める時点で十分詐欺行為なのですが…

正気であれば冷静に判断できますが、藁にも縋る状況では他に手段は無いと思い込んでしまい、完全に悪徳会社側のペースで誘導されてしまうこともあります。
ちょっとでも引っかかることがあれば周囲に相談したり、弁護士や税理士など専門家の意見を聞くことをお奨めします。

スピードと信頼性が肝心

信頼できるファクタリング会社

ファクタリング会社選びで重要視されるのが手数料の次にスピードと信頼性です。

もちろん手数料は安いに越したことはありませんが、必要以上に審査が厳しかったり企業信用度の低い会社は避けるのが懸命です。
また、対応スピードが遅い会社もこちらの危機感を理解していないと言えます。

前提として、業績が良く銀行評価が申し分ない会社であれば金融機関系のファクタリングを利用するのが最も安く済みますが、資金調達に四苦八苦している状態で銀行審査をサラッとパスできるようなケースは極稀です。

ずばり現実的な見極めポイントは、
「契約・振込スピードが早く、信用度の高い会社、さらに金融機関ほどでは無くとも手数料が妥当なレベルであるかどうか。」

当サイトでは全国のファクタリング会社を「手数料」「スピード」「信頼性」「審査の柔軟性(甘さ)」「スタッフの対応」を加えた、5項目で評価していますので、高評価会社は安心して利用していただけますし、現在検討しているファクタリング会社の評判をチェックしてみるのも良いでしょう。

会社評価グラフの説明

業界別ファクタリング成功事例

最後にファクタリングによりV字回復を成し遂げた成功事例をご紹介します!

CASE 1
建設業

建築資材置き場

慢性的な不景気で売上は減少の一途を辿っていましたが、東京オリンピック開催が確定してからは徐々に受注が増えて大型現場からの発注もありました。

しかし、業界特有の支払いサイクルで現金が手に入るのは半年後… 人材、建材や車両手配に回す資金が準備できずこれ以上の受注は断ろうと考えていたところファクタリングという仕組みを知りました。
直近の決算は芳しくなかったので銀行融資は諦めていましたが、ファクタリング会社を利用することで売掛金の早期化を実現し経営に拍車を掛けることができました。

CASE 2
運送業

トラック15台で切り盛りする中型企業。

大手運送企業の下請けを担っていた同社は繁忙期に向けて増車を余儀なくされました。
取引の50%を占める重要なお客様でしたので、かなり無理をしてでも希望に沿いたいと考えました。

売上は2ヶ月サイクルの翌々月末支払い、中古トラック3台分の頭金を捻出するためにファクタリングサービスを利用しました。
確かに余計な手数料が掛かりましたが、取引先様には柔軟な対応を評価していただき他社へ発注していた仕事を一部自社に切り替えてもらえる話になりました!

トラックの増車

CASE 3
アパレル業

アパレルショップの陳列棚

大手雑誌関係会社よりコラボ商品の企画をいただいたのですが、季節モノということもあり早急な発注が必要な状況でした。
雑誌企画が確定している以上「出せば売れる」正直オイシイ話でしたので、何が何でも資金を用立てたい一心でファクタリングを利用しました。

実を言うと一部税金滞納があったので銀行審査は厳しいのは承知でした…
民間系のファクタリング会社でしたが、申し込みから僅か2営業日で現金を手配してもらい、今回の手数料を差し引いても大きな利益を得ることができました。

元ファクタリング会社役員イメージ上半身

各ページでは詳しい仕組みや手数料相場、悪徳会社の見破り方などを説明していきます。
ファクタリングを通じて経営改善の力になれたら嬉しく思います。