調査済会社一覧
フッターメニューへスクロールするボタン

悪徳・優良の見分け方

ファクタリングは大手金融機関系から民間まで100社以上が犇めく一大市場ですが、中には悪徳会社が混じっているのも事実です。
そんな優良・悪徳を見分けるチェックポイントをご紹介します!

優良会社と悪徳会社の見極めに困る男性

こんな会社は怪しい!

悪徳ファクタリング会社にレッドカードを掲げる男性

直接会いたがらない

ファクタリングは書面の信用度はもちろん、利用者の人柄が重視される傾向があるため面談を実施するのが一般的です。
そんな中、特別な理由無く面識を持ちたがらないのは疑ってかかったほうがよいでしょう。

実際、申し込みから振り込みまでのスピードを重視するために対面面談を省略している会社はありますが、顔を見られたくない悪徳会社の多くが電話のみで対応しています。

住所が不明or曖昧

契約前に必ず住所を確認しましょう。
確認方法は、HPに会社概要等に記載されている住所をGoogle等で検索します。
ファクタリング会社のホームページは出てきますか?

優良企業であれば堂々と本拠地を載せているのですが、レンタルオフィス・秘書箱・マンションの一室などを使っている可能性があります。

携帯電話対応がメイン

HP掲載の電話番号が03や0120と固定電話だから安心ね!

残念ですが、この考え方は危険です。
クラウド転送サービスを利用すればオフィスや自宅、電話機すら不要でこれら固定電話番号を取得でき、バックグラウンドで携帯電話に繋ぐことができます。

ですが、複数回線を同時に使用できなかったり通話料が高くつくため業者側はその後のやり取りを携帯電話でやりたがります。
「今後のやり取りは直接携帯で!」と言われたら、疑いの余地有ですよ。

口座情報から判断

悪徳業者は正式には存在しない会社だったり、新規に設立したばかりのことが多いです。
そのため金融機関の口座開設ができないこともしばしば…

そんな時に彼らが使うのは個人名や他法人・事業名の買取口座です。
明確な理由なく振込口座名が会社名と異なるなら、十中八九悪徳会社と断言します。

また、楽天銀行やジャパンネット銀行は審査がゆるくこれらペーパーカンパニーでも簡単に口座を作れます。
ネットバンクだから詐欺とは言いませんが、三菱東京UFJ・みずほ・三井住友等メガバンク口座であれば1つ信用できるポイントと考えられます。

さらに、支払い直前まで口座情報を教えて来ない場合も厳重注意!
詐欺商売をしていれば警察や弁護士を介して口座凍結を要請されることを恐れ直前まで口座情報を開示しないのです。
(又は、事前に教えていた口座が入金日までに凍結される可能性があるため)

ファクタリングの契約書に口座情報が無ければ相手方の凍結防止策である可能性が高いですね。

事前の評判確認

何事も利用者評判は役に立つものです。
「ファクタリング会社名+評判」等で検索をすれば、過去に利用したユーザーの口コミが見つかることもあります。

また、当サイトでもファクタリング会社を5項目で評価し、優良・悪徳の格付けをしています。
少しでもおやっ?と思うことがあれば参考にしてください。

大手なら安心か?

大手ファクタリング会社のビル

さて、大手ファクタリング会社なら安心かと言われれば法律に反するような脅しや相場を逸脱する法外手数料は無いでしょう。
しかし、売掛先Aから紹介されたファクタリング会社はA社のグループ企業だったという事例は聞くことがあります。

自社グループに売掛金債権買取会社を作って親会社の債権を子会社が買取るとう奇妙な形態です。

ただでさえ支払いサイクルに四苦八苦している中小企業からファクタリング手数料まで搾取しようというのだから彼らも十分悪どいマッチポンプを企んでいますよね…