調査済会社一覧
フッターメニューへスクロールするボタン

ファクタリングで逮捕??

2017年1月25日「ファクタリング業者を初摘発」という見出しのニュース報道に業界が激震しました。

報道内容の概要

大阪府警は東洋商事 元代表取締役三浦和仁(36)・元従業員渡辺智也(32)とMINORI 元社長・前田賢一(32)ら8人を貸金業法違反の疑いで逮捕。
ファクタリングを装い運送会社経営の男性に現金50万円を貸付。
両社は貸金業法の登録を行っていない。
実際には売掛金を担保にした融資行為を法外な高利で行っていた。
貸付は3億円を超え、1億円以上の利益を得ていた。

ニュース内容を読み解くと「ファクタリングを装い」という表現が重要なことに気が付きました。
容疑者らは売掛金を買い取るのではなく、担保にして高利貸しを行っており、事業内容はファクタリングサービスとは程遠いものだったのです。

違法ファクタリング業者を逮捕した大阪府警

逮捕要因はファクタリングではない

メディアでは「ファクタリングを初摘発」などと騒ぎ立てていましたが、冷静に見ると彼らはただの闇金融業者であり、利用者に安心感を与えるために"ファクタリング"という言葉を利用しただけに過ぎないのです。
つまりはファクタリングと法令でも解説したとおり、ファクタリング自体に違法性があったわけでも法的解釈が変わったわけでもないのです。

むしろファクタリングという一般には馴染みが薄いフレーズを執拗に強調し、あたかもファクタリング会社全般が違法かのような見せ方をするTV・新聞には悪意すら感じています。

東洋商事代表は過去にも逮捕歴が

実は今回逮捕された東洋商事代表三浦容疑者は13年前(当時23歳)にも闇金融を営んだとして沖縄県警に摘発・逮捕されています。
当サイトでも注意喚起の一貫として東洋商事の不祥事を指摘していたので、少なからず被害拡大を防げたと自負していますが、今回の事件が物語るようにファクタリング会社選びは慎重に行う必要があるのです。

摘発は氷山の一角

ファクタリングを謳う闇金業者摘発は初のことで世間でも注目を集めましたが、いわゆる"氷山の一角"であると断言します。
悪徳会社の正体は闇金でも話したように、王道の闇金業が衰退している反面でファクタリング会社・投資会社・クレジットカード/金券現金化と一見それとわからない形に姿を変えて違法貸付を繰り返しているのが実情です。

2017年3月26日には大阪府警がファクタリングを装った闇金業者取締強化を宣言するニュース報道もあり、警察も本腰をあげて捜査を行っているものの、巧妙化した闇金業者を一人残らず逮捕することは不可能です。

“一刻も早く現金を!”
と焦る気持ちは十分わかりますが、少しだけ冷静になり検討しているファクタリング会社の安全性や素性を確認してください。
当サイトでは多くの方から寄せられた口コミ情報や会社情報開示等の手段で各ファクタリング会社の安全性評価を行っています。

全てが闇金融とは言いませんが、怪しい業者は少なくありません。
万が一闇金業者に引っかかってしまえば経営回復どころか骨の髄まで吸い尽くされてしまいます。

特に「優良ファクタリング会社」として強調しているところは代表者素性や所在地もクリアで自信を持って紹介できるものですので、一度比較検討してみてください。