調査済会社一覧
フッターメニューへスクロールするボタン

手形割引とファクタリングの違い

売掛金を引き合いに資金を得る方法として旧来より一般的に知られるのが手形割引です。
ファクタリングとの違いを説明するために、一旦この割引について整理しましょう。

そもそも手形とは物事の権利や権限を公に定めた文書全般を指しますが、通常は約束手形のことを言います。
約束手形は「指定した未来日に予め定めた金額を支払う」約束を金融機関を通して確約したもの。

約束手形の仕組み図

潤沢に現金を持つ会社ならこんな面倒な手段は必要ありませんが、そんな恵まれた企業はほんの一握り…
どこの会社も少なからず自転車操業を余儀なくされているのです。
手形利用の一例を上げるとこんな感じです。

約束手形の利用例

8/1にアパレルショップを営むA社はメーカーB社から洋服100着を50万円で仕入れました。
ただA社には50万円全額を支払うほどの現金が無く、仕入れた洋服を売った収益で仕入れ代金を支払いたいと考えました。

そこで登場するのが約束手形で、A社は3ヶ月後の11/1に代金50万円を支払う確約をした手形を発行(振り出し)します。
手形取引は両者が同意するのが前提ですので、これにはB社も異論はないものとします。

3ヶ月後の11/1にB社が発行された手形を持って銀行に行くと約束されていた50万円を引き出せる。という仕組みです。
この時A社の口座からは50万円が引き落とされます。

簡単に説明するとこのような流れになりますが、手形を受け取ったB社も3ヶ月先まで入金を待てるほどの経済的体力はありません。
こんな時に利用されるのが「手形割引」と呼ばれる手法で、A社から振り出された約束手形を担保に融資を受けるのです。

手形割引の仕組み図

ただ、形式上は借り入れになるため、利息が発生しますよね。
年利に相当する費用を手形割引率と呼び信用金庫・信用組合で2.5〜5.0%、メガバンクで1.5〜3.5%程度が差し引かれて(割引されて)現金が手に入る仕組みです。

手形割引の利用例

アパレルショップA社から50万円の手形を発行されたメーカーB社は運転資金調達のため、この手形を銀行に持込み手形割引を受けることにしました。
銀行ではB社自体や手形の信頼性に対して審査が行われます。

その後、B社は一定の割引率(ここでは3.0%とします)で割り引かれた現金(50万円-3%=48.5万円)を手にします。

B社の信用度や手形の信頼性が薄い場合、金融機関では割引を受けられないケースもあり、民間の手形割引専門会社というのも存在しています。
当然ですが、専門会社の割引率は法外で20%程度の割引率を提示されることも珍しくありません。

経済を潤滑に進めるための日本経済は手形と歩んできたと言っても過言ではありません。
しかし、審査の問題や換金までに時間が掛かることから、現代ではより効率的かつ柔軟に売掛金を現金化する手法が求められており、その需要に答えたのがファクタリングになります。

ファクタリングとの違い

少々前置きが長くなりましたが、ファクタリングと手形割引の違いに入りましょう。
売掛金を早期現金化するという目的は同じでも決定的な違いが2つあります。

不渡りリスク

ひとつ目は不渡りリスクの有無です。
ファクタリングは債権買取になるため、平たく言えば売ってしまった債権が焦げようが知ったことではないというもの。

万が一、売掛先会社が未払いや破綻を起こしたとしてもその保証義務はありません。
あなたは「早めにファクタリング会社に売っといて良かった」と方を撫で下ろすことでしょう。専門用語で「償還請求権が無い」ことから「ノンリコース型」と呼ばれます。

反面、手形割引は融資契約であり銀行に捧げた約束手形はあくまでも担保に過ぎません。
担保の価値が消えれば銀行側は当然の如く借りた金は耳を揃えて返せと追求してくるわけです。

審査問題

そして2つ目が審査問題です。
手形割引においては銀行からしてみれば担保が手形なのか不動産もしくは何らかの財産なのかの違いで、融資の一種として扱われます。
そのため万が一、不渡りが起きた場合に保証能力があるのか否かを重要視してきます。

すなわち、債務超過・税金保険未払い・赤字決算などマイナス要素が多いと取り合ってもらえない可能性が高いのです。

対してファクタリングでは債権(売掛金)の信頼性に重点を置いて審査が行われます。
未払いがあれば損するのはファクタリング会社なので、正直あなたの会社の財務状況には興味が無く確実に回収できる債権なのかを最重要視しているのです。

ファクタリングは簡単・スピーディー

こうして違いを並べてみるとファクタリングの実用性を理解いただけたかと思います。
何度も述べているように審査に問題無い会社なら融資・手形割引に代表される金融機関系サービスが最も調達コストを抑えられます。

ですが、現実問題としてそんなに正常な会社は少数派ですので、高額な割引率を提示される民間系手形割引専門会社を使うなら、メリットが多く支払いもスピーディーなファクタリングを活用することをお奨めします。