調査済会社一覧
フッターメニューへスクロールするボタン

契約の流れとSTEP

ファクタリング契約は次のステップで進められます。
審査は銀行融資のようなイメージがありますが、最短即日完了するスピーディーなもので、その点でもファクタリングは機動力の高いツールと言えます。
シンプルな2社間ファクタリングを例に解説していきます。

STEP1 申し込み

Web申し込みイメージ

まずはここからスタートです。
急いでいるのは承知ですが、各社の強みや手数料・評判をしっかり確認するようにしましょう。
また、複数会社を相見積して条件や対応スピードを比べてみてもよいでしょう。

電話・Webフォームが基本になりますが、ここではWeb申し込みを推奨します。
急ぎの場合も一度Webで必要事項を送信したうえで、重ねて電話する流れが理想です。

理由は申し込みの証跡を残すため。
フォームを利用しておけば「申込日時」「希望条件」「希望金額」などこちらが伝えたい内容が文字として残ります。

稀に契約時に希望条件と違うという双方の認識違いが生じることがありますが、日付と文字を残しておけばこちら側の主張を証明できます。
滅多にある話ではありませんが、法廷で争うような自体に発展しても申込履歴から明確な物証が揃っていたほうが交渉を有利に進められることがあります。

もちろん複数会社に相見積する際も電話だと各社毎に曖昧になりがちな希望を同じ内容で伝えることができますよね。

ファクタリング会社からは30分〜1時間程度で折り返し連絡がありますが、緊急性が高い場合にはこちらから入電して「先ほどフォームで申し込んだ●●ですが」と伝えれば話がスムーズです。

矢印画像

STEP2 仮審査

電話による仮審査のイメージ

続いて仮審査です。
通常は申し込み電話や折り返し連絡の際に希望伺いと併せて実施されます。
聞かれるのは、次のような内容で数字は大凡で構わないので頭に入れておきましょう。

仮審査でヒアリングされる内容

・会社名/会社規模/資本金

・ファクタリング希望金額

・売上規模

・業種

・売掛金額/売掛先会社

・希望入金時期

・ファクタリング後の使用用途

仮審査時点では、利用会社・売掛先が実在する組織なのか。希望金額が売掛金の枠内に収まっているか。と最低限の整合性確認が行われます。
また、融資と誤解する方が多いため、ファクタリングの仕組みについて理解しているかどうかを確認されることもあるので概要を知っておきましょう。

矢印画像

STEP3 本審査

書類による本審査を実行

仮審査とファクタリングサービスへの理解確認ができると本審査に移ります。
本審査では口頭で伝えた内容が事実である旨を証明するための書類を準備します。
詳しくは「審査に必要な書類」を参照ください。

ファクタリング会社により幅がありますが、概ね即日〜3営業日以内には審査が完了します。

矢印画像

STEP4 契約

ファクタリング契約書類

審査が通おりホッとひと息かと思いますが、安心するのはまだ早いです。
ファクタリング契約を締結しなければ入金を行うことができません。

通常は契約書雛形を用意してくれるので、しっかりと内容に目を通して署名・捺印するだけですが、書類返送や印鑑証明書類の手配に時間を要するとそれだけ入金は遅くなってしまうのでスムーズに進めましょう。

2社間ファクタリングの場合は、債権譲渡契約以外に利用会社に入金された売上金をファクタリング会社へ引き渡すことを約束させる「集金代行業務委託契約」等を交わすことがあります。

矢印画像

STEP5 現金入金

送金された通帳と印鑑

無事に契約書が締結できたら、送金が実行されます。
買取売掛金より手数料分を差し引いた現金が指定口座に入ります。

矢印画像

STEP6 売上金振込

2社間では売掛先に口座変更を通知しないため、売掛金が入金されたらファクタリング会社へ送金する必要があります。
一度利用会社の口座を経由するため、どうしても他支払いへの流用や横領・持ち逃げが発生することがあり、このリスクを負う分2社間ファクタリングの手数料は高額に設定されているのです。

3社間ファクタリングの場合

3社間ファクタリングも基本的な流れは同様ですが、契約のSTEPがやや複雑になります。
売掛先も含めて3社間で債権譲渡契約書に判を押すので、押印書類を回したりと一手間余分に掛かります。

3社間による押印作業

ですが、売上入金は直接ファクタリング会社口座に入るため、送金の手間が省けるとともに入金が焦げる心配も無いため、3社間だと手数料は圧倒的に安くなる傾向があります。