調査済会社一覧
フッターメニューへスクロールするボタン

ファクタリング会社の意図

売上回収さえ焦げなければ、その後の経営には興味ない

乱暴な表現をすればファクタリング会社の心意はこんなところでしょう。
中長期的な回収を行う銀行融資とは異なり、1ヶ月後に投資金&手数料全額を回収する短期サイクルなため、審査で重要視するのも1ヶ月後まで生存できる会社かどうかに尽きるのです。

審査で見られるポイント

中でも審査時によく見られる部分をピックアップしました。
ここで挙げる点は詳しい質問があることも想定しておきましょう。

売掛金の種類

建設受託で発生した売掛金

売上の中にも突発的に発生したものと定期的に発生しているものの2つに分類できます。
ファクタリングで優遇されるのは後者で、毎月安定的に入っている売上であれば、1ヶ月分の前倒しをしても経営全体への打撃は少なく売掛金回収の確実性も上がります。

反面、新規取引先や季節性の激しい取引は継続性と未回収リスクを考慮する必要が出てきます。
突発性取引だから取り扱い出来ないということはありませんが、リスクの対価として手数料が高めに設定されることもあります。

二重譲渡の危険性

二重譲渡の危険性を見極めるファクタリング審査担当者

ファクタリング会社が恐れているのが二重譲渡です。
既に他社へ譲渡済みの売上債権だった場合、回収が困難になってしまいます。
中には二重どころか三重譲渡・四重譲渡を企む不届き者もおり、業界の課題にもなっています。

差し押さえリスク

国税局等からの差し押さえリスク

ファクタリングの必要書類でも触れた納税証明等に紐付いてきますが、売上入金に使われる口座が税務当局に差し押さえられていると、ファクタリング会社が回収する前に国に没収されてしまいます。
税務署に問い合わせる等の利用会社の口座の安全性を裏取ることがありますし、交渉が必要な場合には経営者本人が税務署と話をつける必要も出てきます。

売掛先の属性

各種信用情報機関のロゴ

売上金は債権回収の代行という扱いで一度利用会社口座に振り込まれてからファクタリング会社へ送金される流れですが、売掛先の未払い・破綻の責任は負いません。
そのため、売掛先会社の信頼性は徹底的に調査されます。

調査方法は直接相手先に連絡が行くような心配は無く、帝国データバンク日本信用情報機構(通称:JICC)指定信用情報機関(通称:CIC)への情報開示、行政機関の所持する登記情報開示により秘密裏に進められます。

また、ファクタリング会社によってはナイトワーク系や風俗業界、ギャンブル業界の債権買取に難色を示すケースもあります。
大手金融機関は反社会的勢力との取引にも敏感で、警察庁・金融庁で整備された反社リストとの照らしあわせ作業が行われます。

診療・介護報酬債権

診療報酬ファクタリングで前倒しを検討する医療機関

調剤・歯科を含む医療報酬債権は、非常に信頼性が高くファクタリング会社側も大歓迎なパターンです。
社会保険資料報酬支払基金と国民健康保険団体からの入金でまず焦げる心配はありませんし、債権譲渡通知により3社間ファクタリングと同様振り込み先をファクタリング会社口座に指定することも可能です。
そのため、手数料も1%〜5%程度と割安に設定されます。

相手が気にするポイントを理解しておけば、条件交渉も有利に進められるかもしれません。
また、ファクタリング審査では面談が重要なウエイトを占める性質があります、相手の信頼を勝ち取る面談対策も参考にしてください。