調査済会社一覧
フッターメニューへスクロールするボタン

多業種で活用されるファクタリング

ファクタリングは業種を問わず幅広く活用されている資金調達法です。

顧客一人一人と現金授受を行う八百屋商売でなければ「先出し後払い」の習慣が基本になりますよね。
既に発生している売上が元になるため借金ではありませんし、即日性が高いので支払いサイクルに悩む中小規模会社では利用が広がっています。

利用業種割合

最も利用割合が高いのは建設業で33%、次いでサービス業(中でも派遣業やコンサル業が多い)22%と続きます。
特徴として支払いサイクルの長い業種と人件費による出費が多い事業でよく使われていることがわかります。

ファクタリング利用業種割合

業種別 ファクタリング活用事例

建設業の利用事例

公共事業の建設現場

ファクタリングで最も利用が多いのが建設業界です。
下請け・孫請けと支払いピラミッドが複雑なゆえ、支払いサイクルが長く資金繰りに苦しむ経営者が多くいらっしゃいます。
特に土木工事関係は公共事業も多く支払いが安定していることから、ファクタリング会社側も積極的に債権買取を行っているジャンルです。

運送業の利用事例

リースで購入したトラック

トラックが主となる運送業は車両購入や突然の事故・故障などイレギュラーなトラブルもあり突発的な資金確保にファクタリングが利用されるケースがあります。
また、経営状況が安定していてもガソリン・軽油の価格が高騰すると燃料費で赤字転落するリスクも抱えています。
銀行融資の割合を上げすぎると新規でトラックを導入する際のリース・ローン等の審査に影響することを危惧し、敢えてファクタリングを利用する経営者もいます。

貿易業の利用事例

中国から輸入されるスマホアクセサリー

海外送金や通貨間の為替変動により、一時的な資金ショートを起こしやすいシビアな職種です。
そのため、経営のバックアップにファクタリングを選択する方も少なくありません。
入金が外貨になると手形割引は利用できないので、その点でもファクタリングは柔軟性が高いと評価できますね。

アパレル業の利用事例

海外の裁縫工場

季節により取扱量に増減が目立つアパレル業でもファクタリングが一役買っています。
ここでは生産依頼先の海外工場で起きたトラブルに対応するための資金調達した例を紹介します。

アパレルに限らず雑貨販売・家具販売の職種でも同様のパターンで活用されることがあります。

携帯電話販売業の利用事例

各キャリアの携帯電話売り場

販売報奨金制度により成り立つ中小の携帯電話販売業者。
一次代理店>二次代理店… と複数会社を挟んでいるケースもあり、成果発生から入金までのスパンが長いのが悩みのタネです。
特にゼロ円携帯廃止の方針や新型iPhoneの登場と市場の変化に応える形で在庫確保をしなければならず、ファクタリングは理に適った調達方法のようです。

介護業の利用事例

経営が立ち行かなくなった介護施設

一般的に介護業界で利用されるのは診療・介護報酬ファクタリングとなり、国保から入金される予定の報酬を前倒しするものです。
実は診療報酬の債権譲渡は柔軟で3社間ファクタリングとして契約できるので手数料も一桁台で済むことがほとんどです。
出費の大半が人件費・施設維持費に消えていく介護業界でも必要不可欠な存在なのです。

人材派遣業の利用事例

プログラマーを扱う人材派遣

在庫も無く一見資金繰りには無縁そうに見える人材派遣業ですが、給料先払い・売掛先からは数ヶ月遅れとキャッシュ的には非常に厳しい業種なのです。
実際にファクタリング利用件数は建設に次いで2番目に多く、ここではシステムエンジニア派遣を行う会社の事例を取り上げました。

不動産経営の利用事例

賃貸物件のマンション

20棟ほどの賃貸経営を行う不動産会社のファクタリング利用事例を紹介します。
各入居者からの家賃収入や管理費収入を債権として、1ヶ月の前倒しを行いました。
土地売買に必要な軍資金を数日で調達することに成功し、手数料を差し引いても200万円以上の利益を残すことができました。

インターネット通販業の利用事例

クレジットカード決済が主流の通販事業

EC事業を手掛けるベンチャー企業の利用事例です。
通販は商品開発・広告・初回無料キャンペーンなどの初期持ち出しに加えて、クレジットカード決済による入金遅延が致命的な問題になります。
今回は決済代行会社からの入金を早めるためにファクタリングを利用した事例を紹介します。
決済代行会社とも粘り強い交渉を行い、売掛先を含めた3社間ファクタリングに持ち込むことで手数料を一桁台まで圧縮した成功事例です。