調査済会社一覧
フッターメニューへスクロールするボタン

将来債権を活用したファクタリング

昨今、一部ファクタリング会社が「将来債権」の買取にも対応する動きがあります。
将来債権と言われてもピンと来ない方も多いと思うので、まずは用語から説明しましょう。

将来債権はその名の通り“将来発生するであろう債権(売掛金)”を指し、売掛金担保融資や債権譲渡契約などビジネスの世界では一般的に扱われている言葉です。
長期にわたり定型的な取引がある場合、今後も安定した売上が継続する可能性が高いと言えるため、発生見込みの売掛金を「将来債権」として譲渡することが可能です。

この将来債権をファクタリングに応用し、未発生の売掛金を現金化するというスキームが登場したというわけです。

発生済債権額以上の買取は不可

未発生売上でも発生予定があれば買い取れる

こう聞くと、例えば300万円/月の売上がある場合、向こう3ヶ月分=900万円(300万円×3ヶ月)の資金調達が可能なのか?と考えるかもしれませんが、残念ながらそうではありません。
あくまでも既に発生している売掛金(300万円/月)が買取上限額となります。
※審査結果次第では発生済債権であっても全額買取できないケースもあります。

利用者のメリット

では将来債権買取に対応していることは利用者にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。
売掛金300万円をファクタリングすると仮定し、従来ファクタリングと比較してみます。

従来ファクタリング

300万円の売掛債権を買取り、売掛金が入金されたらファクタリング会社へ支払う、という単純な仕組みです。
即日〜数日で資金調達が可能な反面、翌月にはファクタリング会社へ300万円の一括支払いが必要となり、キャッシュ・フローが非常に厳しくなるという課題があります。
結局、翌月以降もファクタリングを利用してしまい、無限ループにハマってしまう経営者も少なくありません。

従来ファクタリングの入出金フロー
将来債権ファクタリング

既に発生済の債権300万円からは100万円のみを買取ります。
残り200万円は、将来発生予定の売掛金(将来債権)から買取る形とし、2ヶ月後売上から100万円、3ヶ月後売上から100万円を買い取ります。

将来債権ファクタリングの入出金フロー

同じ300万円の資金調達ですが、将来債権からの買取であるため、ファクタリング会社への支払も債権が履行されたタイミングとなります。
つまり、1ヶ月後・2ヶ月後・3ヶ月後に100万円ずつ分割して支払うこととなり、キャッシュフローへの負担が少ないのです。

将来債権ファクタリングの利用例

続いて、将来債権を活用したファクタリングの具体例を見てみましょう。
ファクタリングにおいて将来債権として認められるには、継続的かつ安定的で数年単位で入金実績があるなど比較的厳しい要件を満たさなくてはなりませんが、有利な条件で利用できることは間違いありません。

人材派遣業の利用例

10人で人材派遣業を営むA社は取引先B社と数年の付き合いがあり、毎月継続的な入金がありました。
人材派遣料として固定売上があることも評価につながり、当月50万円、翌月・翌々月の将来債権で各50万円の合計150万円を調達しました。
元々利益率は悪くない業種ですが、翌月にまるまる150万円の支払いが来ると間違いなく負のループに陥ります。
将来債権利用により、支払いが分割になったことで翌月以降の負担が限定的となり、単発のファクタリング利用で済みました。

つなぎ融資代わりの利用例

運送業を営むC社は車両入替のため、3,000万円規模の銀行融資を進めていましたが、
その矢先で従業員一同からの残業代請求を受け約500万円の支払いが必要に…。

ノンバンクからの借り入れも考えましたが、銀行融資を控えた今、安易な借り入れは避けたいところ。
そこで融資が実行されるまでの1-2ヶ月間を耐えしのぐ形で、ファクタリングを選びました。

1,500万円/月の売上がありますが、利益で残るのは100万円程度です。
そこで、直近の売掛金から100万円、翌月の売掛見込み(将来債権)から100万円の計200万円をファクタリングしました。

従業員側とはまず200万円分の未払い残業代を支払い、残りは分割することで合意を取り無事に危機を乗り切ることができました。

他ファクタリング会社からの乗り換え例

D社は半年前にファクタリングを利用しましたが、結局支払い時にキャッシュ・フローが追いつかず毎月ファクタリングを繰り返す始末でした。
毎月ファクタリング手数料が発生するので、このままでは会社の体力が目減りしていく一方…。

そんな中たどり着いたのが、将来債権ファクタリングでした。
毎月150-200万円をファクタリングしていましたが、3ヶ月分の将来債権で分割することにより支払い負担を軽減し、無事にキャッシュフローを正常化しました。

市場拡大の予感

「即効性」を武器に市場拡大を続けるファクタリングですが、債権買取の性質上、翌月一括返済(ファクタリングは融資ではありませんが、便宜上“返済”という言葉を使用します)となることが大きな課題でした。
当月はファクタリングによる入金前倒しでやり過ごしたとしても、翌月の返済でまたキャッシュ・フローが圧迫して翌月、翌々月…と永続的にファクタリングに頼ってしまう傾向があるのです。
一方で、「継続的かつ安定した売掛債権を持っていること」が前提とはなりますが、将来債権を利用したファクタリングであれば、経営健全化できる可能性が高いでしょう。

直近2-3年で100社以上のファクタリング会社が新規開業し競争が激化したこともあり、各社とも手数料・入金スピード・柔軟審査の三本柱で優位性をアピールしてきました。
しかし、それも特色を出すことが難しくなっており、新たに将来債権ファクタリングを扱う会社が増えてくるのではないかと予想しています。

市場が活発化することは、好条件かつ低コストで資金調達できる環境が整うことを意味し、我々利用者としては願ってもないことでしょう。