調査済会社一覧
フッターメニューへスクロールするボタン

圧倒的にコスパの良い3社間

コスパに優れる3社間取引

ファクタリング取引の仕組みでも解説したように、3社間取引では売上入金後の回収リスク(焦げ付き)の心配がありません。
ファクタリング会社側も安心して買取することができるため、結果として手数料が割安になる傾向があります。
具体的には、300〜500万円のレンジで3%〜5%程度と、2社間に対して1/5以下に抑えられることも珍しくありません。

ご存知のように3社間取引は①利用者②ファクタリング会社③取引先会社の3者が売掛金売却に合意し、契約を結ぶ必要があります。
必然的に売掛先企業にはファクタリング利用の事実が露呈することになるため、取引先の理解が必要です。

「資金繰りに困っていることがバレたら、今後の取引を打ち切られる」と危惧する方が多く、なかなか定着しない3社間取引ですが、
実際に打診してみると思いのほか親身に対応してくれるケースもあります。
あなたの会社が下請けだったとしても、倒産されては困るというのも本音なのです。

3社間特化の
ファクタリング会社【3選】

F3サポート

F3サポートのスクリーンショット画像
運営元 設立
㈱33 2015年1月
営業時間 取扱業務
平日9:30〜19:00
Web24時間
3社間
診療・介護報酬
特 徴
3社間専門会社
取引先と折衝可能で、手数料を圧縮したい方にお奨め

F3サポートは、完全に3社間取引専門に取り扱う会社です。
契約書類の準備や着金がスムーズなだけでなく、取引先への説明や説得も手慣れています。

100万円以下の少額取引にも積極的なので、売掛金規模に関わらず使いやすい会社と言えるでしょう。

ビートレーディング

ビートレーディングのスクリーンショット画像
運営元 設立
㈱ビートレーディング 2012年4月
営業時間 取扱業務
平日9:30〜19:00
Web24時間
2社間/3社間
診療・介護報酬
特 徴
実績・信頼性・手数料の妥当性とバランス良く評価できる
2社間/3社間を問わず、ファクタリングの定番会社

全体的にバランスの取れたビートレは3社間ファクタリングも得意にしています。
2社間も取り扱っているので、両パターンでの見積を出してもらい差額次第で2社・3社の選択を行うという使い方もできます。

実績も豊富なため、取引先に迷惑を掛けるような心配がないのも同社をお奨めできる理由です。

東信商事株式会社

東信商事株式会社のスクリーンショット画像
運営元 設立
東信商事㈱ 1932年
営業時間 取扱業務
平日9:30〜18:30 2社間/3社間
診療・介護報酬
特 徴
前身は大正2年創業の東信銀行

手形取引からスタートした東信商事ですが、時代の変化と共にメイン事業をファクタリングへ移行してきました。
他2社と比べ、審査や入金実施までに時間を要する傾向があるため急を要する場合には不向きですが、手数料の面ではお得に利用できるので、1-2週間の余裕がある方は候補に入れてみてはいかがでしょうか。

医療債権も利用可能!

医薬品と医療債権

診療報酬や介護報酬、薬価報酬などの医療債権もファクタリング可能でこれらも3社間取引に分類されます。
医療債権に関しては、国の機関が窓口となるため決まった手続きを踏めば簡単にファクタリングすることが可能です。

手数料は1%〜3%と非常に安い相場なので、医療関係者で資金繰りに困っているようでしたら是非検討していただけたらと思います。