調査済会社一覧
フッターメニューへスクロールするボタン

少額債権のファクタリング

請求書とパソコン

「コストを最小限にとどめたい」
「小規模事業者にも丁寧に接してくれる会社を探している」
「まずは数十万円からファクタリングを試してみたい」
といったように、少額債権のファクタリング需要が非常に高くなっています。
しかしながら、債権金額が10万円でも1,000万円でも手続内容や手間はほとんど変わりませんので、ファクタリング会社は少額債権の買い取りに消極的です。
そのため、ファクタリング会社の多くは利用金額にフィルター(「債権金額100万円~」など)を設けています。

少額歓迎のファクタリング会社も

一方で、近年では少額債権に特化・歓迎するファクタリングサービスが多く見られるようになりました。
理由の一つとしては「ファクタリング会社の増加」が挙げられます。
競争原理が働き、今までのように優良債権だけを厳選して買い取るというスタイルだと、どうしても他のファクタリング会社に遅れをとってしまうのです。
また、まず少額利用から取引実績を作り、リピートしてもらう又は他のサービス(財務コンサルタントなど)を利用してもらうといった狙いもあります。
債権金額100万円以下でも積極的に買取を実施しているファクタリング会社を以下の通りご紹介いたしますので、是非ご参考ください。

SOKULA
SOKULAのスクリーンショット画像
運営元 設立
㈱アクセルファクター 2018年8月
営業時間 取扱業務
平日9:30〜19:00 2社間/3社間
特 徴
原則即日振込を宣言するファクタリング会社
最短2時間振込

「SOKULA」は、ファクタリングの第一人者である株式会社アクセルファクターが提供するファクタリングサービスです。
アクセルファクターは比較的大規模なファクタリングを得意にしておりますが、同サービスでは非対面取引に特化しており、少額でも利用しやすいスペックとなっています。
スピード対応にも定評があり、最短なんと2時間振込も可能。
初めてファクタリングを利用する方、個人事業主の方、スピーディーに資金調達をしたい方にマッチするファクタリングサービスです。

株式会社ウィット
株式会社ウィットのスクリーンショット画像
運営元 設立
㈱ウィット 2016年11月
営業時間 取扱業務
9:00〜18:00 2社間
特 徴
500万円以下の小口専門、非対面で契約可能
仙台・福岡に営業所を配置

少額債権特化型のファクタリングサービスでは「ウィット」が有名です。
500万円以下の債権をメインに取り扱っており、個人事業主・小規模事業から高い支持を獲得しています。
また、取引は「非対面方式」を採用しており、電話とメール(若しくはFAX・郵送)を用いた簡潔かつ手軽に手続きできるという点も大きな魅力ではないでしょうか。
さらに、少額だからといって手数料が割高になる訳ではなく、寄せられた口コミの中には30万円の債権を28万5千円(手数料5%)で買い取ってもらえたというものもありました。
利便性と柔軟性に富んだ優良ファクタリング会社と言えるでしょう。

株式会社NO.1
ナンバーワンのスクリーンショット画像
運営元 設立
㈱NO.1 2016年1月
営業時間 取扱業務
平日9:00〜20:00 2社間
特 徴
建設業に特化したプラン有
池袋本社に加え名古屋支店も設置

株式会社NO.1は、建設業で発生した債権のファクタリングを得意にする会社です。
なんと債権金額10万円から買取が可能となっており、ファクタリング会社の中でも「薄利多売」が顕著に表れています。
東京の他、名古屋・福岡に支社を持っており、全国どこの企業でも利用可能という点も好ポイントではないでしょうか。
秘密厳守を徹底しており、プライバシーの観点でも信頼できるファクタリング会社です。

少額利用が不利に働くことも

原則として、ファクタリング手数料は債権の金額によって変動するものではありませんが、ファクタリング会社側からみると「利用金額は高い方が手数料を下げやすい」という事情があるのも事実です。
まとまった金額を利用した方がお得というケースもありますので、自社の財務状況をファクタリング会社側に伝えた上でプランニングしてもらう形が良いでしょう。
もちろん、利用金額はできる限り抑えるのが望ましいですが、必ずしも少額利用の方が企業にとって良い選択とは限りません。
数か月先のキャッシュフローも見据えた上で利用金額を決めるようにしてください。

元ファクタリング会社役員イメージ全身

無理なファクタリングが経営不振を招くことは言うまでもありません。
しかしながら、少額利用を繰り返すよりもまとまった金額を一度で済ませた方が財務状況の改善に繋がる可能性もあります。
まずは信頼できるファクタリングを見つけ、利用金額や方法、回数等を相談してみましょう。