調査済会社一覧
フッターメニューへスクロールするボタン

ファクタリングにも限度額があるの?

最大1億円までの売掛金を買い取ります!

このような広告を見て算盤を弾いている方も多いと思いますが、ファクタリングにも"買取可能額"があり試算には注意が必要です。

通常、ファクタリング実行には売掛債権審査の他、買取限度額が設定されます。
具体的には「100万円の売掛金のうち80%(80万円)まで買取可能」など、全売掛債権のうち何割まで現金化できるかが決定されるのです。

買取可能額は売掛債権や顧客の信用度により50%〜80%程度で変動するため、業者選びや交渉時に重要なファクターとなります。
比較的信頼性の高い案件は8割程度まで現金化可能ですが、支払いに懸念が残る場合や初回利用では5割程度で様子をみられることも少なくありません。

限度額・買取可能額の決定では主に次の3点が基準となります。
ファクタリング会社側のチェックポイントと思惑を理解しておくと、効果的な交渉や会社比較に役立つのではないでしょうか。

①債権信頼度

売掛債権を証明する請求書

冒頭で触れたように、まず売掛金の信頼性が問われます。
売掛先の会社規模が大きい・長年の取引履歴がある。など次月以降の入金も確実性が高いと判断されば、売掛金のうち8割以上を現金化することも可能です。
取引先もファクタリングに同意している3社間取引でも同様のことが言え、条件が揃えば90%を超える債権を売買できるケースもあります。

一方で、信頼性に問題がある、または実在性が不明瞭な債権の場合、買取割合を大幅に削られます。
ファクタリング会社側からすれば、万が一売掛金入金にトラブルが生じた場合の損失リスクを下げるため止むを得ない選択と言えるでしょう。

②売掛先の数

複数の取引先

もう一つ、買取率見極めで重要視しているのが"取引会社数"です。
ファクタリング会社は「300万円/1社」よりも「100万円✕3社」の売掛金を好む傾向があります。
理由は単純で複数社に分散した債権なら、仮に1社からの入金が焦げ付いても全損することは無く一定額の回収が可能だからです。
さらに、各社売掛金も全額ではなく8割程度の買取に留めておけばさらなるリスクヘッジになるということです。

「最大◯◯◯◯万円まで買取可能!」と謳っている業者でも、ほとんどの場合「複数の売掛金を合計して…」と解釈されます。
複数売掛先の確認は借入でいうところの預金調査のようなもので、ファクタリング会社側も何らかのバックアップが欲しいと考えているのです。

③利用回数

ファクタリングのリピート顧客

リピート客に対しては、1度以上の入金実績があるため初回よりも優遇した与信判断がなされます。
2社間取引を行う場合、一旦顧客に入金された売掛金をファクタリング会社へ送金(返済)する流れとなりますが、資金繰りが芳しくない状況では本来返済すべきお金を横領する懸念があります。

しかし、過去に取引実績がある顧客は一定の信頼があると言えるため、買取割合をより高く設定できるというわけです。

買取可能額を踏まえた業者比較を!

電話で買取限度額を確認する男性

100万円の売掛債権を持っていたとして、A社は80%まで買取/B社は50%まで買取となれば調達できる金額には30万円ものひらきがあります。
ファクタリング会社比較では買取手数料や振込スピードに目が行きがちですが、実は買取可能額も重要な確認事項です。

「格安手数料で即日振込みます!」という甘い言葉に丸め込まれて契約したが、希望額の調達ができなかった… なんて自体にならないよう問い合わせ時点では"現状の条件でいくらまで調達できるか?"を確認するようにしましょう。