調査済会社一覧
フッターメニューへスクロールするボタン

一括・診療・国際・保証の違い

ファクタリングには細かく分けて4つの種類があります。

一般的に売掛金の買取を行うものは「一括回収ファクタリング」に分類されますが、医療関係では医療報酬債権ファクタリングが利用できたり貿易業では国際ファクタリングを用いることもあるので一度整理しておきます。

一括回収ファクタリング

一括回収ファクタリングの買取風景

売掛金早期化に用いられるもので、一般的にファクタリングというキーワードが出てきたらこの一括回収型のことを指します。
ファクタリングの仕組みページでもお話したように売掛先を含めた3社間で行うパターンと売掛先会社には通知せず、2社間で完結するパターンがあります。

売掛先も同意した3社間の方がファクタリング会社のリスクが低いため、手数料も割安に設定されています。
国内でも昭和40年ごろから存在する取引手法ですが、昨今では手形割引に代わる中小企業の資金調達方法として確立されてきています。

医療報酬債権ファクタリング

診療ファクタリングを利用する介護施設

基本的な仕組みは一括回収と同様ですが、医療機関や歯科・介護業を対象にしたファクタリングを指します。
保険点数に応じて国保(国民健康保険団体連合会)や社保(社会保険診療報酬支払基金)から支払われる診療報酬を売却することで、通常2ヶ月後入金の現金を即日入手できます。

医療報酬債権ファクタリングの仕組み図

一件収益性の高い医療業界ですが、収入の7割は保険機関からの後入金となるため、思いのほかキャッシュ・フローが厳しい実情があります。
その証拠に社保に申請される診療報酬債権譲渡通知の件数は月間4,000〜5,000件に上り、年々利用数は増えていると言います。

保証ファクタリング

信頼度向上のために利用される保証ファクタリング

これは売掛先からの回収に不安がある場合に用いられる方法です。
破綻が確実なら審査の際に買取NGとされることもありますが、多少の手数料を支払ってもリスク回避の賢い選択でしょう。

もし、債務会社が支払い困難に陥ったとしてもファクタリング会社が満額代金を支払ってくれます。

保証ファクタリングは保険的な意味合いが強いこと。
取り扱い金額が多額になることから大手金融機関の商品として扱われることが多いです。
販売元会社が自社の与信範囲を超えてビジネス展開したい時に根保証をつける使い方や調査した販売先の信用情報を提供してくれるという副次的メリットもあります。

国際ファクタリング

貿易業で利用される国際ファクタリング

輸出取引に対して提供されるファクタリングサービスで貿易ビジネスにおいて懸念されるバイヤーの信用度調査を行ったり、金銭的な保証をする内容です。

通常の海外取引では信用状(L/C)と呼ばれる手段で保証しますが、よりスピーティ-で効率的に進めたい要望が有る場合に用いられます。

資金調達目的は一つ目の一括回収ファクタリングが主ですが、ビジネスシーンで「ファクタリング」と出てきたら上記4パターンの意味合いがあることを知っておきましょう。