調査済会社一覧
フッターメニューへスクロールするボタン

2種類のファクタリング取引

ファクタリングは売掛金(=売掛債権)を譲渡・売却することで、支払日を待たずに現金を手に入れる取引手法です。
大手メガバンクや信用金庫も提供する歴とした金融商品で感覚的には手形割引に近い取引になります。

ユーザー側は売掛金を受け渡すことで現金を手に入れますが、その手数料として売掛金額に対する一定割合の「掛け目」が割引される仕組みです。

これだけを聞くと手形を担保に融資を受ける手形割引と何が違うのか?と聞かれそうですが、最も大きな違いは不渡りの心配がいらない点です。
手形割引では手形の価値を担保に融資を受ける仕組み上、その手形が紙切れになったと同時に全額返済義務が生じてしまいます。

ファクタリングは比較的短時間で現金を入手できるため、緊急性の高い資金調達場面には最適な方法です。
売掛額と売掛先会社の信頼性を重要視するため、審査も自社の与信や財務状況に影響され難く融資を受けられない場合にも有効な取引手段とされています。

なお、ファクタリングは取引先を含め3社間で取引するものと自社⇔ファクタリング提供会社の2社間のみで完結するパターンがあり、それぞれの特徴を説明していきます。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは①自社 ②ファクタリング事業者 ③売掛先会社の3者で契約を結ぶ取引です。
取引に関わる全者が譲渡を承諾する形で、特に大手金融機関系では主流の仕組みです。

3社間ファクタリングの仕組み図

3社間で売掛債権譲渡契約を締結するファクタリングでは売掛先も債権譲渡を承知しており、送金は直接買取会社へ入金される仕組みなため回収の確実性が高まります。
また、入金が行われなかった際も債権買取会社が直接売掛先会社に支払を求めることができるなど回収を焦がすリスクが低いため、手数料は安いのが一般的です。

しかしながら、ネックは取引先会社の承諾が必要なことです。
大手企業の多くは債権譲渡行為に難色を示す傾向が強く、経営者側も資金繰りが苦しい危険な会社と烙印を押されることを恐れて打診すらできないのが実情です。

2社間ファクタリング

取引先に資金繰り悪化を知られるのは経営上非常に困る。

相手会社に知られずにファクタリングしたい…

これを実現したのが、2社間ファクタリングです。
仕組みはシンプルで①自社 ②ファクタリング事業者の2者で完結するため、誰にも知られずに売掛金を現金化できるのです。

2社間ファクタリングの仕組み図

ただ、信頼関係が全てとも言える買取側からするとリスキーな取引であるため、3社間に比べ手数料は高くなる傾向があります。

売上は一旦顧客に入金されるため他の資金繰りに流用されてしまう可能性

税金や他支払い滞納等により、顧客口座に入金された時点で他社や国に差し押さえられる可能性

顧客会社の破綻により回収困難になる可能性

と、2社間のリスクを上げればキリがありません。
ファクタリング事業者もある程度のリスクを承知の上で、掛け目を決定しているのです。

どんな売掛金でもいいの?

基本的に検収が完了し、入金日が確定している売掛金であれば業種を問わず買取が可能です。
ただし、次のような債権は注意が必要です。

注意が必要な債権

譲渡禁止特約が設定されている売掛金(3社間の場合)

・既に他に譲渡している売掛金

・売掛先が反社会的勢力や公序良俗に反する企業

また、売掛先企業の信頼性が著しく低いと審査時に満額を買取してもらえなかったり、買取を拒否される可能性もあります。

診療・介護報酬債権でも使える

「医療報酬債権ファクタリング」と呼ばれる手法で診療報酬介護報酬調剤報酬等の債権を買取る仕組みです。
社保(社会保険診療報酬支払基金)と国保(国民健康保険団体連合会)に債権引き渡しを通知し、通常2ヶ月後になる報酬入金を最短化します。