調査済会社一覧
フッターメニューへスクロールするボタン

現地工場ストライキによる打撃をリカバリ

海外の裁縫工場のイメージ

10代〜20代をターゲットにした女性向け洋服ブランドのOEM生産を受注していました。
同一型の衣服でもタグ・ボタンデザイン・装飾等を変えて7-8ブランドの商品として市場に流します。
年商10億規模ですが、発注サイクルが早くキャッシュは結構ギリギリなラインで経営しているのも実情です。

春夏秋冬と物凄いスピードで流行りや商品が入れ替わるので、常にてんやわんやしている業界でもあります。
経営的には夏物に比べてコートやブーツなどがメインとなる冬季は、原価も上がるため最もキャッシュフローが厳しくなるタイミングでもあります。

メーカー側から発注内容が固まってから実際に海外の工場を稼働させるまでは実質2週間程度で、本当に一日の猶予の無い状況が続きます。
そんな中、海外委託先工場で致命的なストライキが発生し、大幅な賃上要求がありました。
中長期的にはより安い工場へ切り替えるなど打てる手はあるのですが、兎に角今の受注分をさばかなければ店頭に並べる冬物が間に合わなくなってしまいます…

万が一メーカーの要求どおりの品を揃えられなければ、これまで積み上げて来た信用が台無しになってしまう。
仕方がなく今シーズンの発注はコスト増を承知で継続してこの工場に依頼することにしました。

元々冬物発注でキャッシュが厳しい中、当初予定した予算を上回ったことからファクタリングによりショート分を補うことにしました。
銀行融資を利用できればよかったのですがスピード感的に厳しいと判断しました。

また、債権譲渡登記や売掛先の承認・契約に掛けられる時間的余裕も残されておらず、2社間ファクタリングを実施。
金曜日に申込を行い、翌月曜日朝には着金される柔軟さでした。

売掛債権1,200万円を早期化することで難局を乗り切ることができ、問題の工場も以後の交渉で+5%程度の人件費増で落ち着かせることができました。
取引先にも事情を説明し、多少の価格UPにも納得をいただき事業を継続することができました。

ビジネスにはトラブルが付き物ですね。特に人件費・材料費等の割合が多い業種だと、これらが急激な変動を起こすと急に立ちゆかなくなります。問題が短期的かつ解決の道筋が立っているようなら積極的にファクタリングを利用すれば早期回復に集中できますね。

業種別 ファクタリング活用事例

建設業のファクタリング事例 運送業のファクタリング事例 貿易業のファクタリング事例 携帯電話販売業のファクタリング事例 介護業のファクタリング事例 人材派遣業のファクタリング事例 不動産経営業のファクタリング事例 インターネット通販業のファクタリング事例