調査済会社一覧
フッターメニューへスクロールするボタン

MIVisionの概要

MIVisionのスクリーンショット画像

利用者評価

現在 30 人が回答しています。

会社名 株式会社MI Vision
代表者名 五十嵐 剛
所在地 東京都中央区日本橋浜町2-1-10 TKM日本橋浜町タワー8F,9F
HP https://mi-vision.co.jp/what_is_factorling.html
設立 平成28年7月
取扱サービス 2社間/3社間
対応スピード 平均3日
営業時間 9:30〜19:00(日曜・祝日休業)

高品質を約束するファクタリング

株式会社MI Visionは単純な安さやスピードよりも"サービス品質"を売りにしたファクタリング会社です。
資本金7,000万円・プライバシーマーク取得など、中小規模の業者が乱立したファクタリング業界の中で、一線を画する企業スペックと言えます。

MI Visionの利用条件

買取代金は1社につき130万円以上
赤字決算可能
設立1年目可能
個人事業主不可(法人間の売掛金のみ)
代表者の個人保証不要

2社間ファクタリングを得意にしていて、赤字決算や最初の決算を迎えていないベンチャー企業でも利用できる一方で、個人事業主や130万円未満の小口案件には対応していません。
手数料は審査の上で決定されますが、安さよりも専門スタッフによるサポートやコンプライアンス遵守をした安心・安全な資金調達を強みにしています。
最低買取金額の設定も同社の企業規模を考えれば妥当なラインと言えるでしょう。

利用企業にも厳しい審査を行う

公式ブログにて、ファクタリングの審査基準についての解説をしています。
売掛先企業・買掛先企業の双方で、設立時期、資本金、銀行のリスケ有無、ホームページ等を重視している旨が紹介されています。
相談する前に審査基準に関するブログを確認の上、大きな問題がない場合に検討してみましょう。

「即日買取」や「審査条件緩和」を過剰に強調するのではなく、買う側・売る側双方が納得できるクリーンな運営方針なのだと推察しています。
手数料に関しても「どこよりも安い!」というトーンではなく、サービスレベルとバランスをとった数字で運営しているのではないでしょうか。

参考:MIV blogより「ファクタリング審査の判断基準」)https://mi-vision.co.jp/news/?p=297

アットマネジメントJAPANから生まれ変わった

株式会社MI Visionの登記情報を調べたところ、2018年9月18日に社名変更したことが分かりました。
旧社名は「アットマネジメントJAPAN」です。
当サイトでも旧社名時代に調査をしたことがありますが、ある時サイト閉鎖し休業中となっていました。この度、MI Visionという新しい会社になってWebサイト等も作り直したようです。

単純な社名変更ではなく、代表者も変わっていて品質重視の運営方針に変更しています。
在庫買取や家賃収入ファクタリングは、アットマネジメントJAPANから継続したサービスですが、プライバシーマーク取得などの明らかなパワーアップが見られます。

スタッフの質が高い

プロフェッショナルによる高品質サービスを強みにしています。
公式ページの採用情報より、以下の資格保持者には手当を支給し、資格取得支援も行っているようです。

中小企業診断士
事業再生士
ビジネスマネージャー検定
税理士免許
社労士免許

プライバシーマーク取得や定期的なコンプライアンス研修を行うなど、プロフェッショナルによる高品質サービスを提供できるだけの教育体制を確保しています。
求人情報から考えるにスタッフの質も高く、手数料・買取スピード等の利用条件に折り合いがつけば積極的に選択したいファクタリング会社ではないでしょうか。

口コミ投稿フォーム

こちらよりMIVisionの口コミを投稿できます。

    年齢※必須
    業種※必須

    例)建設業
    口コミ内容※必須

    例)MIVisionを利用してみました…

    利用者アンケート

    MIVisionを利用いただいた方はアンケート回答をお願いします。
    ※アンケート回答により個人情報等が送信される事はありませんのでご安心ください。

    現在 30 人が回答しています。

    ①手数料は納得できる妥当な費用でしたか?

    はい73% いいえ27%

    ②契約・入金のスピードは満足でしたか?

    はい63% いいえ37%

    ③スタッフの対応は丁寧でしたか?

    はい83% いいえ17%

    ④審査は必要以上に厳しくなく、柔軟でしたか?

    はい57% いいえ43%

    ⑤信頼できる会社として評価できますか?

    はい87% いいえ13%
    公式サイトはこちら